『話せば分かる』は嘘!

どうも、管理人のドングリコロコロです。

人間は他の多くの動物と違い、知性を持っており、

言葉を介して、自分のの意思や考えを伝えたり、

相手からの意思や考えを理解する事が出来る、生き物です。

『話せば分かる!』

そのように信じられて、作られた慣用句です。

しかし管理人は今までの経験から、この『話せば分かる』という事を

信じてはいません。

今回はこの『話せば分かる』について書いていきたいと思います。

感情的になる

人間には『感情』というモノが存在します。『感情』があるからこそ、

時には喜び、時には悲しみ、時には怒り、時には楽しみます。

この『感情』というモノがあるからこそ、人間の人間らしく振舞う事ができ、

時には言葉など必要なくとも、共感し合いお互いを理解出来る事もあります。

しかし一方でこの『感情』というモノは、

たとえ愚かだと分かっていても、たとえ間違っていると分かっていても、

人間に利己的は行動を許さず、突発的に行動させてしまう、

という側面も持ち合わせている、非常に厄介なモノでもあります。

怒りで我を失っている人間や、あまりにも大きな悲しみに暮れ

もはや未来の事など、どうでもよくなるまで追い詰められた人間には、

もはや、何を言っても無駄です。

つまり『話せば分かる』状態ではないのです。

生まれ育った環境

人間はそれぞ生まれ育った環境が違います。

家族も違えば、地域も異なり、それぞれに独自の決まり事や風習が存在します。

生まれ育った環境のルールは、

その人にとって『固定観念』として植え付けられます。

一度人間に植え付けられた『固定観念』は、大人になってから、

引っ越しをしたり、転勤や結婚などで住む場所が急に変わったからと言って

直ぐに抜けるモノではあるはずも無く、そう簡単には変えられません。

昔から『三つ子の魂、百まで』と言われるように

子供の頃に刷り込まれた教訓というのは、下手をすれば

一生抜ける事は無い可能性も十分にあり得ます。

日本国内ですらそのような状態なワケですから、

国が変わると、人間に染み付いた『固定観念』は、

更に違ったものとなり、人と人との間にある溝は、

もはや、埋める事は不可能なぐらい深いモノでしょう。

日本という国では元来、人を信じる文化であったため、

『だます方が悪い』というのが『固定観念』としてあります。

ところが海を隔てた、大陸の韓国や中国では、

人を信じないのが当たり前の文化ですから

『だまされる方が悪い』というのが『固定観念』としてあります。

ですから、平気で国と国との間の約束事を破ったり、

偽物が当たり前のように横行したり、

『知的財産』に至っては、そのような概念すらも無く、

倒錯やソフトの違法ダウンロードなど、悪いとすら思っていません。

そのような人達と話し合ったところで、分かり合えるはずも無く、

『話せば分かる』はずもありません。

『宗教』の違い

人と人とが分かり合うための障壁として、この『宗教』の違いというのは

もはや、どうしようもありません。

日本は現状、仏教の『盆踊り』と、キリスト教の『クリスマス』を

世界で唯一、同時に行っている国ですので、

おそらくほとんどの日本人には『宗教』という『固定観念』は

存在していないと管理人は考えています。

宗教上の理由で牛や豚、それに鯨を食べる事を禁止とされている事もあります。

そのような宗教が違う人と人とが、いくら話し合ったところで

もはや、分かり合えるはずがありません。

どうやら人間は『話せば分かる』ほど賢くは出来ていないようです。

まとめ

管理人が今まで生きてきた中で、いくら話し合っても

お互いの事を理解出来ないで、喧嘩になったり、

仲違い(なかたがい)になったケースの多々あります。

そのような、いくら話しても分かり合えない人とは、

もはや、話すだけ時間の無駄でしかありません。

そのような人達とは、極力関わらないように、

距離を置くしか手段は無いでしょう。

人と人とは結局はいくら言葉を交わしたところで、

お互いの根本的な固定観念までは、

変える事が出来ないのではないでしょうか?

最後まで、ご賢覧ありがとうございました。

この文章が、読んで頂いた方の少しでもお役に立てれば光栄です。

意見、感想、『希望のテーマ』等ございましたらお寄せ下さい。

今後の更新の参考にさせて頂きます。

カテゴリー:エピソード

6件の返信 »

  1. ドングリコロコロ様。
    いつも拝見させてもらっています。

    ブログをしているといろいろあるでしょうが、気にせずブログを続けていけたらいいなと僕自身は思っています。

    ブログをしていて僕のことを悪く思う人もいるようです。
    しかし、相手が気に入らないのは気に入らない理由があり、
    その理由が僕に原因があるなら改善していけたら良いと思っています。

    しかし、それが無理難題ならその人と付き合いを辞めることを選択するのもありです。
    人それぞれの問題でしょうが、深刻に考えないようにしていきたいと思っています。

    これから仕事なので、失礼します。
    ライバルだと思っているので、これからも長く続けてください。
    いってきます。

    いいね

    • 初めまして、ご返答ありがとうございます‼️
      インターネット上では、匿名性が高いので、相手の事を考えずに、自分の思った事をそのまま書く人も少なからずいます。自分の場合は自身の考えに対して、共感してくれる方のみ、読んでくださればそれで良いと考えております。お互いに一日でも長くブログのを続けていけるように頑張りましょう❗

      いいね: 1人

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください