『美しい』なんて一瞬!

どうも、管理人の管理人のドングリコロコロです。

『美しい』

実に響きの良い言葉です。

男女問わず『美しい』人間はそれだけで、評価されます。

今回はその『美しい』について、管理人の経験を元に考えをまとめていきます。

若い頃は・・・

若い頃というのは、『美しい』人間というのは、男女問わず、

それだけで異性から人気があり、よく恋愛の対象となります。

つまり『かわいい』『かっこいい』というだけで、

異性から告白されたり、交際出来たり出来るという

何ともお得な個人スキルです。

そんな、『美しい』彼氏彼女たちは楽しい青春時代を

盛大に謳歌する事でしょう。

ア~うらやましいっ!』

すみませんっ💦 つい本音が漏れてしまいました・・・

しかし、ご安心ください。

そんな『美しい』彼氏彼女たちの幸せは、

そう長くは続かなかったのです・・・

(ざまあみろ!!  はっ、 つい心の声が・・・)

『美しい』は一瞬!

まあ、冷静になって考えてみて下さい。

(現在、管理人が冷静ではありません!)

学生時代の、整った顔立ちなど、そもそも生まれ持ったもの。

謂わば、両親から引き継いだ、遺伝子の成せる業(わざ)で、

本人の苦労や努力によるものではありません!

そのように、美男美女が何も考えずに、楽しい時を過ごしている間も

月日はゆっくりと、しかし確実に流れていきます。

皆さんも経験は無いでしょうか?

学生時代のかつての美男美女が、久しぶりの同窓会で

かつての面影(おもかげ)など微塵(みじん)も無く、変わり果てた姿を・・・

「そうです!!」

(落ち着けっ!!  管理人!!)

生まれ持った『美しい』の賞味期限など、せいぜい二十代の間までで、

人間、誰しも三十代にもなると、確実に老化という現象を

骨身に染みて味わう事になります。

努力が結果となって表れる

美男美女が、何も考えずに学生時代を過ごしている間、

一般的に顔の偏差値が平均、もしくは平均以下と

周りから評価される人達は、当然ながら

『美しい』と周りから評価される人達のように、

何もしなければ男女関わらず、異性からは見向きもされないでしょう。

そのような彼氏彼女たちは異性に興味を持った場合、

何とか、好きになった相手に振り向いてもらおうと、

自分に興味を持ってもらおうと必死になり、

自らを何とか『美しい』状態に見せる努力を、惜しまない事でしょう。

もしくは、自分には『美しい』という部分では、

異性の興味の対象には成り得ない、

それでも何とかして好みの異性を振り向かせたい、

という人は、『美しい』以外の『優しい』や『気遣い』などの

スキルを磨く事でしょう。

つまりは、若い頃から自分を磨く努力をする習慣がついているという事です。

一方、『美しい』を生まれながらに兼ね備えた美男美女達は、

前述の通り、何もしなくとも、好みの異性を射止める事が出来る事でしょう。

人間というのは、自分にとって必要のない努力など、しようハズがありません!

つまり、自分を磨く習慣がついていないという事です。

月日とは残酷なモノ

月日とは残酷なモノで先程も書いた通り、

人間の生まれ持っての『美しい』状態を何の努力も無しに維持できるのは

せいぜい、二十代の間までです。

三十代に足を踏み入れると、男性の場合、

髪の毛はみるみるうちに減っていき、頭は薄くなり始め、

頭皮が露(あら)わになっていきます。

女性の場合ですと、髪の毛に潤いが無くなっていき、

傷みやすくなり、顔には荒れやすくなり

染みやそばかす、小じわが目立つようになり、

やがて大きなしわとなって顔に刻まれていきます。

張りがあったお尻や胸も、重力には敵(かな)わずどんどん垂れていきます。

体型に至っては男女問わず、

若い頃と同じように運動もせず食事をとり続けていたら、

身体の筋力も基礎代謝も歳を重ねるに連れて、落ちてくるので、

どんどん身体に溜まっていき、やがて樽(たる)のようになってしまいます。

若い頃は当たり前だった『美しい』状態を

歳をとってからも保つには、お金と時間と労力をかけて、

努力しなければならないのです。

ここで、若い頃から自分を磨く習慣がついている人と、

自分を磨く習慣がついていない人との差が、

眼に見える形で表われてきます。

管理人の経験からいうと、若い頃『美しい』人ほど、

歳をとってからの変化のギャップが激しいように感じます。

まとめ

『はなのいろは うつりにけりな いたずらに

わがみよにふる ながめせしまに』

かつて絶世の美女、と言われた平安時代の歌人、小野小町が

月日の経過によって失われた、かつての自らの『美しい』状態を

憂いた、百人一首でも有名な『歌』です。

『美しい』というのは一瞬で、それは今も昔も変わりません。

そして多くの人にとって『美しい』というのは、一銭にもなりません。

そして歳を重ねて、もはや『美しい』という状態が失われた人間を

評価するのは『経済力』と『人間性』です。

皆さんは、生涯のパートナーを『美しい』だけで選んではいませんか?

その人は、普段から自分を磨く努力をしていますか?

よーく見てみて下さい。

最後まで、ご賢覧ありがとうございました。

この文章が、読んで頂いた方の少しでもお役に立てれば光栄です。

意見、感想、『希望のテーマ』等ございましたらお寄せ下さい。

今後の更新の参考にさせて頂きます。

カテゴリー:エピソード

9件の返信 »

  1. 初めまして。
    フォロー下さり、有り難う御座います。
    まだまだ不慣れですが、子育ての合間に少しずつでも、投稿させて頂こうと思っています。その際はまた覗きに来て頂けますと嬉しいです(^^)宜しくお願い致します☆

    いいね

saitoutakumasenden にコメントする コメントをキャンセル

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください