『鰻(うなぎ)』!

どうも、管理人のドング リコロコロです。

さて、今回は日本人のほとんどが、

大好きな食材である『鰻(うなぎ)』について書いていきたいと思います。

生きたまま、おろす

ほとんどの魚は生きた状態で、

おろす(魚を骨と身に切り分ける)事はありません

なぜなら、生きていると魚が動いて、おろしづらいからです。

しかし、『鰻(うなぎ)』は、生きた状態でおろします。

その理由は、『鰻(うなぎ)』は非常に生命力が高く、

栄養も豊富です。

そのため、他の魚よりも死んでから、鮮度が落ちるのが早いのです。

そのため、『鰻(うなぎ)』を生きた状態で、おろして、

鮮度が落ちて、『鰻(うなぎ)』特有の臭みが出る前に、

直ぐに調理する方法がとられているわけです。

また、『鰻(うなぎ)』の血液には『イクチオヘモトキシン』という

毒物が含まれています。

この毒はそれほど強い毒性はありませんし、

また、加熱する事で分解され、無毒化されます。

『鰻(うなぎ)』を生の状態で食べないのはそのためです。

また。『鰻(うなぎ)』の栄養分は、『皮』と『肝』と『尾っぽ』

の部分に多く含まれいています。

『鰻(うなぎ)』の身の部分で、一番美味しいのは運動量豊富な、

『尾っぽ』の部分なので覚えておいた方が良いでしょう。

『天然モノ』と『養殖モノ』

市場に出回っている『鰻(うなぎ)』には

『天然モノ』と『養殖モノ』があります。

ですが、一般的に 市場に出回っている『鰻(うなぎ)』 のほとんどは、

『養殖モノ』です。

『養殖モノ』の『鰻(うなぎ)』は、『天然モノ』の『鰻(うなぎ)』に比べて、

身のしまりも悪く、脂肪分も多いので、味も劣ります。

しかし、 『天然モノ』の『鰻(うなぎ)』 はその希少性から、値段は

『養殖モノ』の『鰻(うなぎ)』 の倍、もしくはそれ以上します。

一般的に『鰻(うなぎ)』と言えば『蒲焼』という甘辛いタレを付けて焼きますが

『天然モノ』の『鰻(うなぎ)』 は塩焼の方が、

素材のうま味がよく分かります。

(注:管理人の独断と偏見です!)

『関東』と『関西』

『鰻(うなぎ)』は、『関東』と『関西』の文化の違いから、

その調理方法も大きく異なります。

先ず、『鰻(うなぎ)』の『おろし方』ですが、

『関東』は『背開き』なのに対して、『関西』は『腹開き』です。

その理由は、『江戸時代』にまで遡(さかのぼ)ります。

『関東』は、武士の文化であった事から、『腹開き』は、

『切腹』を連想させるため、縁起が悪いとされたため、

『鰻(うなぎ)』のおろし方は、『背開き』が定着しました。

対して、関西は商人の文化であった事から、

「腹を割って話そう。」という縁起(えんぎ)を担(かつ)いで、

『鰻(うなぎ)』のおろし方は、『腹開き』が定着しました。

『鰻(うなぎ)』の調理方法にも『関東』と『関西』で違いがあります。

『関西』の場合、『鰻(うなぎ)』の調理方法は焼くのみで、

『関東』の場合、『鰻(うなぎ)』を焼くだけでなく、

蒸してから提供します。

その理由についてですが、『関西』の場合、頭脳労働者である、

『大阪商人』の気は長く、ゆっくりと食事をしていたため、 『鰻(うなぎ)』は、

『丼ぶり』である通称『うな丼』として提供されてきました。

そのため、アツアツの白御飯の上に置く事で、わざわざ蒸して調理しなくても

自然と『鰻(うなぎ)』は蒸されるわけです。

対して、『関東』の場合、肉体労働者である、

『江戸っ子』の気は短く、早く食事を済ませていたため、

『鰻(うなぎ)』は少しでも早く提供する事がきました。

そのため、注文を受けてから少しでも早く提供するため、

『鰻(うなぎ)』を一度焼いた後、蒸し器で温めた状態にしておいたワケです。

まとめ

近年『鰻(うなぎ)』は、その数が減っており、

ひと昔前よりも、高価なモノになりました。

『鰻(うなぎ)』の生態には未だ未知の部分が多く、

『完全養殖』の技術は、現在でも確立されていません。

美味しい『鰻(うなぎ)』がどんどん高価なモノに成っていき、

食べる頻度が減っていくのは

管理人としては非常に残念な事です。

最後まで、ご賢覧ありがとうございました。

この文章が、読んで頂いた方の少しでもお役に立てれば光栄です。

意見、感想、『希望のテーマ』等ございましたらお寄せ下さい。

今後の更新の参考にさせて頂きます。

広告

カテゴリー:

1件の返信 »

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください