値段による自転車の違い

どうも、管理人のドングリコロコロです。

今回は、一般的に販売されている自転車の価格による違いについて、

書いていきたいと思います。。

ホームセンター等で売られている、価格が一万円以下の自転車と、

自転車専門店で売られている、数万円の自転車。

パッと見た感じでは、そんなに違いがあるようには見えません。

では一体何が違うのでしょうか?

基本パーツはほとんど同じ!

見た目が同じである以上、車体や、前かご、タイヤ、車輪、といった、

外見の部分は、基本的はパーツの違いは、

実はそんなに違いは無いのです。

ですが大きな落とし穴なのです。

外見は同じでも、性能の違いというのは、

値段に見合っただけの大きな違いがあるのです。

肝心な部分が全く違う!

自転車で言うところの、肝心なところというのはジョイント部分、

つまりパーツとパーツの繋ぎ目の部分の部品が、実は全く違うのです。

具体的に言うところの、車輪と本体の繋ぎ目の部分や、

本体とハンドルの繋ぎ目の部分、それにギヤやチェーンの部分です。

その部分は、謂わば人間で言うところの、関節や動力に当たり、

その大事な部分の部品さえ無事であれば、自転車は他の部品を交換して、

長い間乗り続ける事が出来るのです。

逆に言えば、その大事な部分の部品が壊れてしまうと、

もはや手の施しようが無く、いくら修理や部品交換をしても

買い換える以外、どうしようもないのです。

実は、自転車の値段の大半はその部分が占めているのです。

管理人の経験談ですが、最初は自転車の違いなどよく分からず、

最寄りのホームセンターで自転車を買っていましたが、

約一年ぐらいで壊れてしまい、その度に買い換えていました。

一度、専門店で自転車を買ったところ、数年経ってタイヤを替えたぐらいで、

後は定期的に専門店でメンテナンスをしてもらい、

十年ぐらい経った、今でも特に問題なく乗り続けています。

さらに高価なモノになると・・・

一台、十万円を超えるような、一般的に非常に高価な自転車になると、

全ての部品に軽量化が成されていて、車体自体も非常に軽いです。

しかし、それ故に、部品一つにとっても非常に高価で、

町中に駐車していると、いかに厳重に鍵をかけても、

分解されて部品だけでも盗難に遭う事があります。

ですから、管理には鍵をかけられる自転車専用のボックス等が

ない限りは、所有は控えた方が良いかと個人的には思います。

まとめ

モノの値段というのは、一般的にそれ相応の価値があり、

やはり、価格が安いモノには、それなりの価値しか無く、

価格が高いモノには、それなりの価値があるのではないでしょうか?

昔から、『安物買いの銭失い』とはよく言ったものです。

最後まで、ご賢覧ありがとうございました。

この文章が、読んで頂いた方の少しでもお役に立てれば光栄です。

意見、感想、『希望のテーマ』等ございましたらお寄せ下さい。

今後の更新の参考にさせて頂きます。

広告

カテゴリー:趣味

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください