上司に必要な四つのモノ

どうも、管理人のドングリコロコロです。

今回は、会社に入社したら、必ずお世話になる上司の話です。

皆さんが考える理想の上司の条件とは、何でしょうか?

管理人の経験から考える、理想の上司に必要な四つの条件を書いていきます。

1、平等

一つ目の条件は、常にすべての部下に対して

仕事の成果に対して平等であるものです。

部下の同士の評価に差をつける場合、理由を尋ねられた時、

部署内の全員が納得できるような理由を用意しています。

同期で入社して、同じように仕事をしていて、同じような成果を上げているのに

片方は褒め称え、片方は叱りけなす。

どこが違うのかと、上司に理由を尋ねても、納得のいく回答が得られない。

そんな依怙贔屓(えこひいき)するような上司を

尊敬し、慕う事が出来るでしょうか?

2、責任と賛辞

二つ目の条件は、責任を取るという事です。

何か部署内でトラブルが発生した時、

原因が誰であろうと、その場の責任者にあります。

そして成果を上げた時は、自らの功績を主張するのではなく、

先ず部下を称え賛辞する。

逆にトラブルが起こっても、責任を誰かに押し付け、

成果は自らのモノだと主張する。

そんな上司に付いた部下は不幸だと思います。

3、決断

三つ目は決断が出来るという事です。

重要な選択を迫られ、どうしても決断を迫られた時、

周りに躊躇しているような雰囲気を出さず、決定できるという事です。

誰の意見も聞き入れない、独断というわけではなく、

様々な人に相談し、意見を参考にして、

それでも最終的な決断は、誰に流されるわけでも無く、

自らの意志で決断する。

何も捨てる事が出来ない人には、何も得るものはありません。

4、結果

四つ目は、結果を出すという事です。

どんなに人間的にすばらしい上司でも、結果を出さなければ、

部下や周りに示しが付かず、尊敬され慕われる事もありません。

やはり仕事である以上は、最終的に求められるのは結果です。

結果が伴って初めて信頼を勝ち得る事が出来るわけです。

まとめ

管理人は今まで、仕事でも仕事外でも、いろんな人と出会って来ました。

そんな中で、今でも付き合いがある人というのは、

自分に何かを与えてくれた人です。

自分もその人達のように人に何かを与えられる人間になりたいものです。

最後まで、ご賢覧ありがとうございました。

この文章が、読んで頂いた方の少しでもお役に立てれば光栄です。

意見、感想、『希望のテーマ』等ございましたらお寄せ下さい。

今後の更新の参考にさせて頂きます。

広告

カテゴリー:考察

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください