同族経営について

どうも、管理人のドングリコロコロです。

さて、今回は同族経営について管理人の経験を元に書いていきたいと思います。

同族経営と聞くと一見、あまり良い響きではありませんが、

実は、日本の場合大企業でも約半分が、

中小企業に至っては九割以上がです。

つまり、働く上では他人ごとでは無く、

むしろ避けては通れないといっても過言ではありません。

では実際の現場は、どのようなものなのでしょうか?

よそ者感が物凄く強い

いざ同族経営の会社で働くとなると、

先ず最初のうちは、当人に対してだけ

会社の全員がどのように接していいのか分からず、

よそ者感が物凄く強いです。

ここまでならどの会社で働くにしても、

最初のうちは当たり前かと思われますが、

同族経営の会社の場合、社員のほぼ全員が親戚家族なわけですから、

結びつきの強さは、比べるまでもありません。

そしてほとんどの場合、身内に対しては甘く、

よそ者に対してはとても風当たりが強く、みる目も厳しいモノです。

同期に跡取りなど居ようものなら、例え同じように仕事をしていたとしても、

扱いの違いについては一目瞭然です。

ワンマン経営が多い

一般的な会社の場合、会社の指針方針は経営陣の会議によって決められます。

株式上場企業であれば、株主総会も開かれ、

場合によっては社外取締役の意見を立てる事もあります。

しかし、同族経営の会社の場合、非上場の場合も多く

そのような会議などほとんど開かれる事は無く、

株主もほとんど同族で固められており、

暗黙の了解というか社長の独断と偏見で決められることが多いです。

会社の経営状態が良い時は意思決定もスムーズで

スピード感があって特に何の問題も無いのですが、

経営状態が悪くなったり、問題が起こった時は、

はっきり言って、親子喧嘩みたいなもので

見るに堪えかねません。

わけの分からない規則が多い

一般的な(同族経営ではない)会社の場合、

いわば他人の集まりなワケですから、組織を効率よく運営するため、

会社の規則やマニュアルは事細かく決められています。

ですが同族経営の場合は、そんな事はありません!

何十年も一緒に過ごしている場合が多く、

いわば会社自体が一つの家族のようなものですから、

お互いがお互いを知り尽くしており、

事細かな規則やマニュアルが無くても、

目線や仕草を見ただけで何を考えているのが分かるくらい

意思疎通がスムーズです。

しかしそれはあくまでも、同族間の話であり、

外部から入ってきた人間にとっては、たまったものではありません。

むしろ非効率でワケの分からない伝統的な規則が残っている場合が多く、

一から仕事を覚える人間にとっては、

とてもやりづらい事も往々にしてあります。

どれだけ便利な作業ツールや機械であったとしても、

「うちは何十年もこのやり方でやってきた!」

「今さら新しいやり方を取り入れてもかえって効率が悪い!」

等の理由で効率化が図れていないケースもあります。

お金の線引きが曖昧(あいまい)

管理人が同族経営の中で一番、問題に思ったのがこれです。

会社のお金と経営一族のお金の線引きが物凄く曖昧なのです。

車やマンションを会社名義で購入して、

私的流用したり、

家族の日用品で領収書を切って会社の経費の扱いにする、

などは日常茶飯時です。

一般企業では考えられないような、

それらの事が当たり前のように行われているのです。

まとめ

最初に書いた通り日本の会社のほとんどが同族経営です、

つまり、そのような会社に勤務するという事も

決して他人ごとでは無いと思います。

最後まで、ご賢覧ありがとうございました。

この文章が、読んで頂いた方の少しでもお役に立てれば光栄です。

意見、感想、『希望のテーマ』等ございましたらお寄せ下さい。

今後の更新の参考にさせて頂きます。

広告

カテゴリー:エピソード

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください