目の前に困難が立ちはだかった

どうも管理人のドングリコロコロです。

今回は、今までで生きてきた中で誰しも、仕事であれ、日常であれ、

何らかの困難に直面した事はあるかと思います。

そんな時、今までどんな行動をとってきたのか、

その行動は、今にして考え直せば良い行動だったのか、

もっと他の選択肢はなかったのか、

ロールプレイングゲーム風にまとめてみました。

立ち向かう

先ず誰もが、一度はやってみる行動はこれだと思います。

目の前の困難に立ち向かい、苦労の末に乗り越えて、

周りからは賛美され、依頼主からは報酬を獲得し、

自分自身や共に困難に立ち向かった仲間は、経験値を獲得して成長する。

そして、また新たなる困難に立ち向かう。

だいたい『RPG』では、こんな感じで物語が進んでいきます。

しかし、実際はここまでうまく事が運ぶでしょうか?

困難の内容が、何日も何週間も、ひたすら同じ事の繰り返しだったり、

明らかに自分たちでは手に負えない事だったり、

自分の目指す目的とは、全く見当違いの事だったりもするわけです。

周りからは、出来て当たり前だと言われ、成功しても報酬は対して貰えず、

失敗すると叱責され、報酬は貰えずじまい・・・

仲間は離れていき、自分の能力の限界を感じ、

これ以上の成長は期待できず、自身目的を見失う。

こんな現実経験はないでしょうか?

作戦を立てる

人選や装備を見直したり、困難の内容を調べたり、

期日を元に達成までのスケジュールを組む。

適切な人員配置や設備投資、状況やノルマに応じた適切な作戦を

立てる事により、目の前の困難に立ちむかう作戦を立てる。

『RPG』をやった事がある方なら、分かって頂けるかと思いますが、

この作戦を立てるという作業は、極めて重要です。

困難に応じた適切な作戦を立てる事により、

達成難易度も、達成までの時間や労力の消費も全く変わってきます。

それは現実でも、変わらないと思います。

何も考えず、ただ闇雲(やみくも)に困難に立ち向かうにではなく、

入念に作戦を練って望むという事はとても大事な事に違いありません。

ただ、現実の困難というのは『RPG』のように簡単ではなく、

また、仲間も作戦通りに行動してくれなかったりします。

回復する

短期間での困難の達成する事が難しい場合、『RPG』では、

呪文や魔法での体力の回復をするかと思います。

現実でも、体調を崩したら薬を飲んだり休んだりして

体力の回復に努める事は大事な事です。

しかし、いつまで経っても困難が達成できない、

自分自身の成長が見られない、という事が長く続く事で、

精神的にストレスを感じ、いずれは肉体的にも

影響が出てくるのが現実です。

回復のために薬を飲めば、最初の段階であれば、

完全回復する事も可能でしょう。

しかし、症状に改善が見られなかったり、長期化すると、

回復のための薬の量が増えてきて、

次第に薬なしでは、何も行動出来なくなくなったり、

薬の副作用で体調を崩しかねません・・・

逃げる

明らかに自分の力量では乗り越えられない困難や、

自分自身がやりたくない、やったところで成長が見込めない、

と感じた時は、目の前の困難に立ち向かわずに

逃げ出す、というのもいいのではないでしょうか?

これは現実でも同じ事が言えるかと思います。

逃げ出してばかりでも、それはそれで問題がありますが、

ただ闇雲(やみくも)に損害を拡大させたり、

体調を崩す前に、目の前の困難から逃げ出すというのも、

選択肢の一つだと自分は思います。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

現実は『RPG』のようには書ない事が多いです。

体調を崩す前に、ストレス解消のために、

たまには、現実を忘れて『遊び人』にでもなってみては

どうでしょうか?

最後まで、ご賢覧ありがとうございました。

この文章が、読んで頂いた方の少しでもお役に立てれば光栄です。

意見、感想、『希望のテーマ』等ございましたらお寄せ下さい。

今後の更新の参考にさせて頂きます。

カテゴリー:考察

タグ:

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください