食べ放題は損をする

どうも、管理人のドングリコロコロです。

今回は、飲食店の『食べ放題』について書いていきたいと思います。

皆さんも今までに最低でも一度は、利用した事があるかと思います。

『いくら食べても料金は同じ』

一見、得したような気分になりますが、

実は損をする事の方が圧倒的に多いのです。

管理人が、そのように意図付ける理由を、いくつか挙げていきます。

原価率が低い

飲食店というのは、先ずメニューを作る際に、

『原価率』というモノを計算します。

『原価率』というモノが、一体どのようなモノかというと、

メニューに載っている料理やドリンクの

材料の仕入価格の割合です。

具体例:1000円の商品の原価率が30パーセントだとすると、

材料の仕入れ価格は300円となり、

その商品の利益は700円となる

つまり、原価率の低い商品ほど、

経営する店側としては、利益が上がり、

逆に、原価率が高いほど、

利益はあまり、上がらないという事になります。

一般的な飲食店の場合、注文を受けてから調理に取り掛かるため、

各メニューごとに原価率を割り出して、設定します。

ところが『食べ放題』の場合、

見栄えや、料理を作る手間などを考えて、

何十種類もの料理を、十人前単位で調理していきます。

そうなると必然的に余ってくる料理も出てくるわけです。

余った料理は翌日、提供するわけにもいきませんから、

処分せざる得ません。

『食べ放題』の場合、提供する経営サイドは、

当然そのようなことも織り込み済みです。

料理の材料の金額、つまり『原価率』を下げて、

いくらか、廃棄ロスが出ても利益が上がるように計算した上で、

料金設定を行っています。

つまり、一般的には、『食べ放題』よりも、

『単品メニュー』や『コース料理』の方が、

質の良い材料を仕入れて提供された料理を、食べる事が出来るというわけです。

そんなに食べられない

『食べ放題』と意気込んで、前もって運動をしたり、

一食分食べないでおいたりして準備しておいても、

実際のところ、どのくらい食べる事が出来るでしょうか?

大食いタレントでもない限り、

せいぜい、普段の倍程度食べられたら、良いところです。

先ほども述べたように、『食べ放題』の場合、

仕入れのコストをおさえているため、

一般的な人が普段以上に料理を召し上がる事も、

当然、織り込み済みです。

むしろ、普通に注文して食べた方が安くつく可能性もあります。

ついつい好きなものばかり食べ過ぎてしまう

『食べ放題』に行くと、上述のように、

「いくら食べても料金が同じ!」

という言葉の魅力に負けて

「少しでも多く食べておかないと損をする!」

という考え方に陥りがちです。

このような考え方は暴食を招き、

当然、身体や内臓に負担を健康にいいはずがありません。

また、どうしても

『普段、食べられないモノ』

『自分自身の好物』

に食べるものが偏りがちになってしまうため、

栄養バランスの面でも身体に悪く、

健康的には、二重に悪いと言えます。

まとめ

『食べ放題』

一見すると実に、甘美で魅力的で良い事尽くめのように聞こえます。

しかし、その裏側には、企画側の計算された策略があるワケです。

そうとも知らず、言葉の魔力に魅了され続けていると、

いつの間にか、大切なものを失っているかもしれません。

最後まで、ご賢覧ありがとうございました。

この文章が、読んで頂いた方の少しでもお役に立てれば光栄です。

意見、感想、『希望のテーマ』等ございましたらお寄せ下さい。

今後の更新の参考にさせていただきます。

カテゴリー:

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください