テニスについて

どうも管理人のドングリコロコロです。

管理人は、高校の頃からテニスを会派始めて、今も続けています。

今回は、管理人が考える、テニスがどのようなスポーツなのかを、

書いていきたいと思います。

性格が悪い

テニスの試合をテレビや何かで、ご覧になられたり、

実際にされた事がある方なら、分かって頂けるかと思いますが、

テニスというスポーツは、とにかく走ります。しんどいです。

というより、自分が動かずに相手を、如何に動かすかというスポーツです。

つまり、如何に相手がボールを打ちづらい所、相手が嫌がるに、

ボールを打つかという事です。

ですから、テニスが上手な人は、ほとんどの人が性格があまり良くないです。

大事な事

テニスで先ず一番大事な事は、相手のコートにボールを返す事です。

ボールを強く打ったり、ボールに回転をかけたりして、

相手のコートにボールを打ち込む事よりも、

相手よりも、一回でも多く相手のコートにボールを返す事です。

テニスはポイントを取り合うスポーツです。

相手からポイントを取る事よりも、

相手にポイントを与えない事の方が大事です。

スーパーショットでポイントを取った後、

凡ミスでポイントを落としていては、何の意味もありません。

つまり、必然的にオフェンスよりも、ディフェンスの方が大事になってきます。

テニスは確率のスポーツ

『勝つべくして勝つ、負けるべくして負ける!』

かつての野球の名選手であり、名監督でもある野村克也氏の言葉です。

テニスにもその言葉が、あてはまります。

いくら、物凄いショットを打つ事が出来ても、三回に一回位しか、

相手のコートに入らないショットでは、何の意味もありません。

それよりも、自分がミスをする確率が低いショットを選択して、

少しでも、相手がミスをする確率が高いショットを選択した方が、

相手から、ポイントを取れる確率が上がり、

相手に、勝てる確率が上がります。

ポイントは取るのではなくて、取れた

テニスというスポーツは、一本のスーパーショットで決まる事よりも、

地道に、少しづつ相手の態勢を崩していって、

相手から自分にとって有利なボールを引き出して、

ポイントを取る事の方が圧倒的に多いです。

つまりポイントを取ったという結果よりも、

そのポイントを如何にして取ったかという過程の方が

はるかに大事になってきます。

全てのポイントに意味がある

例え、ポイントを与えてしまったとしても、

一本で決められてしまうところを、

一回でも多く相手のコートにボールを返して

相手に一球でも多く、ボールを打たせる事が出来たなら、

相手に、簡単にはポイントを取らせてくれない、という印象を

与える事が出来たので、そのポイントは次に繋がると言えます。

ポイントを繰り返す事で相手は、ポイントを取るためには、

より厳しいコースに、より強いボールを打たなくては、

いけないと考えるので、その事が相手からミスを引き出す事につながります。

まとめ

テニスというスポーツの感想はいかがだったでしょうか。

イメージ通りだったでしょうか、

それとも、イメージと大分かけ離れた者だったでしょうか?

これが、テニスというスポーツを長い間、楽しんできた管理人の

正直な意見です。

最後まで、ご賢覧ありがとうございました。

この文章が、読んで頂いた方の少しでもお役に立てれば光栄です。

意見、感想、『希望のテーマ』等ございましたらお寄せ下さい。

今後の参考にさせて頂きます。

広告

カテゴリー:趣味

1件の返信 »

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください