働く理由について

どうも管理人のドングリコロコロです。

今回は、働く意味について、いていきたいと思います。

何のために働いていたのか・・・

突然ですが、皆さんは何のために働いていますか?

お金のため、家族のため、お国のため、会社のため、自分自身のため、

人それぞれ、色々あって、皆さんがそれぞれ、違うかと思います。

管理人の場合、今までは、自分の将来のためだと思って、

技術や経験を身に付けるためにしんどい事、つらい事も我慢してきて、

いつかは自分で独立して、ビジネスを立ち上げようと

未来に対して希望を持って、働いてきました。

同期や後輩は、どんどん出世していって、会社の中で重要なポストに就いたり

独立して会社を立ち上げたりしていきました。

自分はと言えば、毎日毎日同じような失敗を繰り返し、

いつまで経っても叱られ続けて、仕事が出来るように成らず、

努力と工夫で何とか乗り切ろうと頑張ってきましたが、

周りからの信頼を得るまでには、至りませんでした。

そんな中、自分自身に障害がある事がわかり、

仕事ではどう頑張っても越えられない壁にぶち当たり、

今までの職種を諦めて、これからどんな職に就くべきか、

考え続けており、今もその答えは出ていません。

自分のため、未来のため

管理人が今まで、働いてきた理由というのが、この二つでした。

五年後、十年後、自分自身の社会的地位を安定させるために、

技術や経験、知識を得ようと、朝早くから夜遅くまで、

休みの日は、勉強に充てたり、職場以外での人間関係を構築しようと

自分なりに一生懸命に努力してきたつもりでした。

若い頃はまだ、仕事でのミスも大目に見てもらえる事もありましたが、

歳を重ねるに連れて、次第にそうゆうわけにはいかなくなり、

次第に離職、転職を繰り返すようになりました。

五年後、十年後の将来の自分のためと思って、頑張ってきましたが、

実際、年月が経過してみたら、自分の手元には何も残っていませんでした。

会社のため、社会のため

「会社のために働く事が、社会のためであり、自分自身のためでもある。」

管理人は若い頃そのように教えられてきて、そう信じて働いてきました。

しかし、ほとんどの会社は、実際は安い給料で長時間働いて、

社員が体調を崩そうが、病気になろうが、事故に遭おうが、

ほとんど、みて見ぬふり、というか気付いてすらいませんでした。

取引業者に値引き交渉ばかりして、材料の質を落として、

見た目だけを繕って、素人同然の顧客に売りつける。

管理人はどうにもそのようなやり方が、納得できずによく反発していました。

『社会貢献』という大義名分を掲げておきながら、

実際にやっている事は、自分の会社さえよければいい、

という風にしか見えなかったのです。

実際、仕事を任されて、限られた予算の中で指定された利益を上げる

という事をやってみると、自分がやりたいと思っている理想と、

利益を出して、組織を存続させなければいけない、

という現実を知り、

それでもやはり、誰にも文句は言われず、自分のやりたいように

仕事をするには、自分でビジネスを始めるしかないと、

当時は考えていました。

何のために働けばいいのか

今回、就労移行支援所に通い、自らの障害と向き合い、

様々な障害を持った人達と触れ合い、話し合い、

自分はこれから先、どんな働き方をしたいのか、

という事を考えてきました。

今までのように、自分のやりたい事をみつけて、

その道に向かって、突き進んで行くべきか、

それとも、誰かのためになるような、人の助けになるような、

社会に貢献できるような仕事に就きたいのか、

でも、結局は自己満足でしかないのではないだろうか、という

強いてはどのように生きていきたいかという事まで、考えていました。

色々な人に相談してみましたが、

管理人とっては今まで、仕事が全てであり、それが当たり前、

という環境に従事してきました。

しかし、それが当たり前ではなく、仕事は仕事と割り切って、

自分のすべてを仕事に求めるのではなく、

仕事とは別に自分のやりたち事を探せばいいと、

アドバイスも頂きました。

しかし、今までの考え方を、急に変える事は難しく、

そもそも、最初から正しい答えなんてない事なので、

まとめ

『当時、一生懸命悩んでいたからこそ、その事が月日が経つと、

些細な事だと思えるようになる。』

昔、教えて頂いた言葉です。

確かに、自分の学生時代、

一生懸命に考えていた悩み事なんて、今考えてみれば、

些細な事です。

数年後、後悔しないためにも、今しっかり考えて

自分なりの答えを出したいのものです。

最後まで、ご賢覧ありがとうございました。

この文章が、読んで頂いた方の少しでもお役に立てれば光栄です。

意見、感想、『希望のテーマ』等ございましたらお寄せ下さい。

今後の参考にさせて頂きます。

広告

カテゴリー:考察

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください