役に立った勉強(書き・そろばん)

どうも、管理人のドングリコロコロです。

今回は、前回からの続きで、管理人が役に立った社会に出たから、

役に立ったと思う勉強の、

『読み』『書き』『そろばん』の中から、『書き』と『そろばん』

について、書いていきたいと思います。

(本当は、一つにまとめるつもりだったのですが、書いているうちに、

内容が多くなり、二回に分けました。ご了承下さい。)

文字の美しさについて

綺麗な文字というのは、非常に重宝されます。

【書道】【硬筆】【ペン習字】等、文字を綺麗に書くための習い事や練習帳は、

たくさんあります。

学生時代、成績の良い生徒は大体、文字も綺麗で

逆に成績の悪い生徒は大体、文字も汚かったように管理人は記憶してます。

読みやすい文字、美しい文字というのは、学生時代から、社会人になっても

それだけで評価されるかと思います。

文字は綺麗に書けるに越した事はないと思います。

因みに、管理人は、自分でいうのもなんですが、文字が非常に汚いです。

子供の頃から、綺麗な文字を書くよう、丁寧に書く努力はしているのですが、

これも障害特性なのか、単に手先が不器用なのか、分かりませんが

どうにも文字を、上手く書く事が出来ません。

近頃は、パソコンもあるので、「自分が読めればそれでいい!」と

あきらめにも近いですが、割り切っています。

文章の表現力について

前回も書きましたが、思った事、考え、を適切な言葉や表現を選んで、

誤解のないように、分かりやすく相手に伝える文章を書く、というのは、

とても骨の折れる作業で、労力を要します。

文章を読む以上に、文章を書く、という作業は、大変な事です。

このような事は、一度でも、会社で報告書や記事を書いた事がある方なら、

分かって頂けるかと思います。

『言葉一つ』と言われるぐらい、同じような意味の事柄を、相手に伝える時、

表現方法が変わっただけで、相手へのとらえ方は、

180度変わる事もあります。

幼い頃から、色々な本を読んで、様々な文章に触れていれたり、

色々な人の話し方や、談話、講義を積極的に聞いて、

それらを理解していれば、語彙力、表現力が自然と身に付き、

状況に応じた適切な、文章を書く基礎になるかと、思います。

そろばんについて

管理人は、子供の頃、そろばんを習っていました。

子供の頃は、あまり真面目に勉強していなかったので、社会人になってから

そろばんを勉強し直しましたが、それはとても良かったと思っています。

なぜかというと、計算や暗算がとても早くなりました。

単純な計算でしたら、電卓を使うよりも、はるかに速いです。

計算が早いと、必然的に数字にも強くなり、お金の計算や、

表やグラフの読み取りもスムーズになりました。

そろばんを習った事がない人には、信じられないかもしれませんが、

管理人は、実際そろばんを勉強していて、日常生活でも仕事でも、

とても役立っているので、

そろばんを勉強してみようかと思う方、お子さんに習わせてみようかと

考えている方には、ぜひともおススメします。

まとめ

前回の冒頭でも書きましたが、『読み』『書き』『そろばん』というのは、

日本に古来から伝わる教育の、三種の神器と言われており、

管理人もそれは、間違いないと思います。

色々なものがデジタル化した現代だからこそ、

「本や人の気持ちを読む」

「文字や文章を書く」

「計算高さや速さ」

といった、本来、人間の持っている能力を活かし、磨き上げるという

アナログな事が、大事なのではないでしょうか⁉

最後まで、ご賢覧ありがとうございました。

この文章が、読んで頂いた方の少しでもお役に立てれば光栄です。

意見、感想、『希望のテーマ』等ございましたらお寄せ下さい。

今後の参考にさせて頂きます。

広告

カテゴリー:考察

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください