プレゼントについて

どうも、管理人のドングリコロコロです。

突然ですが、皆さんは誰かからプレゼントをもらったり、

誰かにプレゼントをあげた事はあるでしょうか?

正直、管理人はプレゼントをもらうのも、あげるのも、

好きではないのです。

今回は、その理由について自分の考えを書いていきたいと思います。

相手の好みが分からない

おそらく、プレゼントに対して困る最大の理由がこれです。

管理人自身の価値観が一般的な価値観とずれているらしく、

プレゼントをもらっても、あまり嬉しいと思う事がなく、

また、自分が誰かにプレゼントをあげても、微妙な表情をされる事が、

正直、多いです。

自分に対して、何かをしてくれるという気持ちは嬉しいのですが、

微妙な対応が何度も続くと、相手も自分も、正直困ってしまいます。

お返しの事を考えてしまう

理由の一つがこれです。

子供同士でしたら友人や知人から何かプレゼントをもらっても、

「ありがとう!」の一言で済みますが、

大人同士では、相手との人間関係を、大事にすればするほど、

言葉だけで終わらせられるほど、簡単ではありません。

何かプレゼントをもらったら、お返しをしないといけないのです。

それが個人的には、非常に厄介で、相手の立場や人間性、

それに相手の好みを考えた上で

その人それぞれに見合った、相応のお返しをしないといけないので、

はっきり言ってしまうと、邪魔くさいのです。

カタチのあるプレゼントは困る

服や小物などカタチの残るプレゼントをもらった時は、

個人的に、非常に困ります。

理由はいくつか有りますが、

主な理由として上記の通り

相手と好みが、合わない事が多いのです。

自分が欲しいものは、自分で買いに行って、

自分で選んで、自分でお金を出して、買ったモノの方が愛着も湧きますし、

大事にもしますし、好みに合うので、使いやすいです。

他の方は、どうか分かりませんが、少なくとも管理人はそうです。

人から、もらったプレゼントの場合、相手の好みに合ったモノを選んで

くれているので、自分と好みが合わない事がほとんどなのです。

ですから、こんな事を言っては失礼ですが、あまり愛着も湧きませんし、

使う頻度も少ないです。

かといって、せっかくもらったプレゼントを、大事にしない訳にはいかず、

その人の前では、相手に気を使って、身に着けていないといけません。

そして、何より困るのが、捨てる時で、自分で選んで買ったモノでしたら、

使い古したら、捨てたところで誰の迷惑にもならないので、

躊躇なく捨てる事が出来ます。

しかし、もらったプレゼントの場合、あまり使うこと自体、

自分の場合はないので、使い古すこともなく、

荷物整理の時に、どうするべきかとても困ります。

このような理由から、管理人は使って無くなるモノを、プレゼントとして

もらった方が助かるので、もし自分がプレゼントをあげたり、

プレゼントのお返しをする時は、消耗品を選ぶようにしています。

理想を言えば・・・

正直に、理想を言えば、お金や商品券をプレゼントとして

あげたり、もらったりして、好みのモノを買う方が個人的には助かります。

管理人も、いろいろな人に相談しても、相手の好みがどうしても分からなくて、

商品券をプレゼントとして、渡した事が何度かあります。

しかし、「気持ちがこもっていない」「相手の事を考えていない」等の理由で

一般的にはこの選択肢は、敬遠されるようです。

まとめ

「気持ちをカタチにする」という事は、人間関係において、

とても大事な事だと思います。

しかし、「相手の気持ちになって考える」「相手の気持ちを理解する」事が

とても難しい管理人にとっては、正に「気持ちをカタチにする」

プレゼントというのは、ハードルの高いモノだと思います。

最後まで、ご賢覧ありがとうございました。

この文章が、読んで頂いた方の少しでもお役に立てれば光栄です。

意見、感想、『今後のテーマ』等ございましたらお寄せ下さい。

広告

カテゴリー:エピソード

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください