左利きについて

どうも、管理人のドングリコロコロです。

今回は、自分が左利きなので、その事について、書いていきたいと思います。

エピソード

子供の頃、特に意識した事もなく、気付いた頃には左利きでした。

親の意向で箸と鉛筆だけは、右手に矯正しました。

それが、正しいか、間違っているかは、分かりません。

社会人になってからは、右利きに矯正しないといけない職場もありましたし、

スポーツをする時は、希少性から重宝されることもありました。

日常生活

社会としては、左利きは少数派なので、日常生活においては、

不便なことが多いです。

漢字・ひらがな・カタカナ等の日本語の文字は、右利き用に作られているので、

左利きではとても書きづらいです。

蛇口やペットボトルのフタ等、体の構造上、右利きの場合、

回して開ける時の方が、力が入るようにできていますが、

左利きの場合、逆になるので、閉めすぎてしまいます。

その他、自動販売機、自動改札機、ハサミ、お玉・包丁等の台所用品・・・

挙げだしたらキリがないです。

ぎっちょ・サウスポー

左利きの別称として、代表的な二つですが語源は、

『ぎっちょ』の方は、色々とありますが、「ぶきよう→ぶきっちょ→ぎっちょ」

となった説が有力なようです。

『サウスポー』の方は、ベースボールが語源で、球場の方角は

「三塁」北、「一塁」南、「二塁」東、「本塁」西

となっているそうで、『paw(ポー)』の意味は動物の前足、

人間の腕を指します。

つまり、マウンドから見て左腕は一塁側『south(サウス)』になるので、

『サウスポー』となります。

障害なの?

日本では、昔は左利きは障害として扱われていたそうです。

やはり、村社会で集団性を重んじる文化なので、

少数派である左利きは、許されなかったのでしょうか!?

今でも、剣道、茶道、弓道等といった、

伝統芸能では、今でも右利き、でないといけないそうです。

発達障害の割合も、左利きの方が高いそうですが、

脳の構造、処理分野が違う等、色々な説がありますが、

詳しい原因は、分かってないそうです。

左右盲

右と左が、とっさにわからなくなる人の事を『左右盲』といいます。

障害に当たるそうです。左利きの人に多いそうです。

ちなみに、自分もそうなので、

右手に『右』、左手に『左』と入れ墨をしておきたいぐらいです、

まとめ

やはり、右利きと比べると左利きは、損をする事が多いとおもいます。

でも、歴史上の人物で左利きが多い事も事実です。

集団性がないので、自分のやりたい事に没頭出来るからかもしれませんね。

最後まで、ご賢覧ありがとうございました。

この文章が、読んで頂いた方の少しでもお役に立てれば光栄です。

意見、感想、『希望のテーマ』等ございましたらお寄せ下さい。

広告

カテゴリー:障害

1件の返信 »

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください